あなたは情報をどう使う?

image_print印刷用表示

新聞、ラジオ、テレビ、パソコン、携帯端末。

情報を取得するのに何を使うかは自由ですが、

最近は特に「今すぐ」と、時間・速さにこだわる人が多いようです。

正確性や深さがなくなって

「木を見て森を見ず」にならないことが大切。

 

 

【放送記念日】

3月22日は放送記念日、

NHK東京放送センターの前身である東京中央放送局が、

1925年3月22日に東京都港区芝浦の仮送信所で

ラジオの仮放送を開始したことを記念して制定されたものです。

 

ラジオでもテレビでも「放送」というものには、

運命学的に、良い時代、悪い時代というものはあります。

 

たとえば1980年代、これは放送業界のピーク、

伝達力は冴え渡り、国民からも大きな支持を受けた時代、

業界の利益も相当に出たと思われます。

 

そして今は、一番苦しい時代が終わり、

これからまた「放送業界」の春が来ます。

 

問題は、誰に向けて何を伝えるか・・

昔は情報を選ぶ側・視聴者には主導権が少なかったけれど、

これからの情報産業は、視聴者・消費者が選ぶ時代になります、

というより、庶民が賢く利用しなければならない時代と

言えるかもしれません。

選択肢も使い方も、使う側の問題だということです。