ストレスを事前に減らす10のちょっとしたこと

image_print印刷用表示

ストレス社会です。

会社でストレスを感じ、人間関係でストレスを感じ、スマホをいじってはストレスを感じています。

だから、自己啓発的な本にはよく「NOと言え」とか「やりたくないことはやめろ」とか「スマホをいじるな」とか書いてあります。確かにそうです。分かっているけど、それができるんだったら誰もストレスなんかたまりません。できないから困っているんです。

減らすことができるストレスもある

昨日、激しい雨が降る夜、妻の車を運転しました。その車の窓ガラスは雨粒で前が見えにくい状態でした。とてもストレスがたまりました。その時思ったのです。このストレスは前もって準備しておけば回避できると。晴れた日に窓ガラスを掃除して、雨をはじくコーティングをしておけば、雨の日にストレスを感じず快適に運転ができます。そうか、減らすことができるストレスもあるのか!

1.朝いつもより30分早く起きる

早起きは一日のすべてにおいて余裕をもたらします。早起きをした初日から「三文の得」を実感することでしょう。特に、気持ち的な余裕が持てます。充実感もわいてきます。朝、まだ薄暗いときに外に出て空を眺めると、やる気が出てきます。

2.朝起きてすぐにベッドを整える

夜寝るときに、乱れたベッドを直すのはストレスです。ストレスに感じないかもしれないけれど、ストレスとして蓄積されます。

3.食後すぐに食器を洗う

朝出かける前、時間がないかもしれません。でも、朝食を食べたらすぐに食器を洗ってしまいましょう。

4.歯磨きに時間をかける

虫歯になってしまってからでは遅いのです。虫歯になった後のストレスを考えれば、歯磨きはとても大切なことがわかります。時間をかけて丁寧に磨きましょう。歯並びの悪いところは磨き残しがあるかもしれません。そんなところは特に丁寧に。

5.朝いつもより10分早く家を出る

いつも駅まで走って、汗びっしょり。洗い立ての洋服も駅に着くまでに汗でぬれてしまう。こうなると一日ストレスを感じながら過ごすことになります。いつもより10分早く家を出て、回りの景色を眺めながら背筋を伸ばして歩きましょう。近所の人に挨拶も忘れずに。

6.机の上を整理する

机の上が散らかっていると、必要な書類を置こうとしても置けない。ストレスです。今使わないものは机の上から移動しましょう。机の上が整理されていると、不思議と仕事のやる気も出てきます。

7.お客様への電話を今かける

この2,3日お客様への電話をかけるかどうか迷っている・・・ストレスです。謝罪の電話でもなんでも今すぐにかけてしまいましょう。問題を抱え込んでいることでストレスになってしまいます。悩んでいた電話でもかけてしまえば問題なく済んでしまうものです。

8.お風呂を出るとき、湯船を洗う

一日の疲れがとれるお風呂。この時間が一番好きという人も多いはず。ストレスを解消してお風呂を出る。でもその時、ストレスの原因を作っているのです。次の日の夜、お風呂に入る前に昨夜の湯船を洗う。あーストレス。お風呂を出るとき、体が温まっているうちに湯船を洗ってしまいましょう。

9.アルコールの量をちょっと減らす

毎日の晩酌。これこそが人生ですね!ストレス解消!でもついつい飲み過ぎて次の日の朝、二日酔い。はい、ストレスです。毎日二日酔いでは仕事にも影響が出ます。早起きもできず、悪循環になってしまいます。晩酌の最後の一杯をやめて、次の日の朝の目覚めをよくしましょう。

10.早く寝る

なんといってもストレス解消の一番は寝ることです。早寝早起き、全てのストレス解消になります。

 

10のこと全てを一度に実行するのは難しいですが、1つずつ始めてください。日々のストレスは準備することで軽くすることができます。まずは、「早く寝る」をオススメします。早く寝ることで「早く起きる」こともセットになって実行できるかも。