バランスの良い心を作る

image_print印刷用表示

バランスの良い心とは、

片寄ったモノの見方・考え方をしない素直な心、

何ごともプラスに変えられる心です。

好き嫌いをしないとか、

嫌な事から逃げないというのも大切なこと。

 

好きなモノに片寄ったり、

嫌いなモノを排除したり、

自分に迎合するものだけを認めたり

意に反するものを否定したり、

感情のままで判断したり、

そういうものの考え方をしないようにすることです。

 

でも、それは何でも受け入れろということではない、

まずはフラットに見て、全体を理解しろということです。

問題になるのは、正しい理解や判断ができるように育って来たか?

そこがズレていては、バランスを取ろうと努力しても

どこかでバランスが悪くなる。

 

バランスの良い心を作るには

親の育て方も大きく影響するということ。