モラルとは自分に与えられた「枠」

image_print印刷用表示

モラルというのは、本当は

自分に与えられた「枠」を知ることにほかならない。

このモラルを若いときに身に付けた人というのは、

人生後半の運勢を落とさないで、

穏やかに過ごしていけることにつながります。

 

モラルというのは「倫理」ということで、

運命学ではこの倫理を「義」と呼んでいます。

五徳と言う5つある”徳”のひとつです。

 

「義」というのは行動です。

積極的な行動力や前進力と考えればいいでしょう。

モラルを守ることは正しい行動をするという解釈が出来ます。

 

運気を良くする方法は「自然に逆らわない」こと。

学生なら勉強するのが当たり前、

専業主婦なら家事をするのが当たり前、

一家の家長なら外へ出て働くのが当たり前、

この当たり前をマジメにやることにおいては

決して運命が乱れることはないのです。