不安の無い人生はないが、不安を持たない人生は有り

image_print印刷用表示

人間は不安があるから考える、どうしようかと工夫したり努力したり。
若い時代の不安は実は大切なこと。
不安の無い人はいないのですから気に病むことはないのです。
不安解消のためには、自分自身を好きになり自信を持つことが近道です。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

人生には、何種類かの運気の波があります。
一年一年で違ってくる運気、
10年単位で変わっていく運気、そして、
青少年期、中年期、晩年期と大きく分けられる運気があります。

60歳ぐらいになれば、もう晩年期です。
晩年期に入ったら、人生に対する不安は持ちたくないものですが、
不安の無い人生はありません、
ですが、不安を持たない人生は有りです。

若い時代はその不安がエネルギーとなりチカラになるわけですが、
晩年期になったら、不安をエネルギーに変えるより、
不安を持たず、明るく楽しく、
晩年期だからこそ、もう一度夢を見なおすのが、
いい生き方になるはずです。

晩年期に夢を見るために、
今やっておくべきことは何なのか?
それを考える必要があります。