人に何かを伝えるのも才能

image_print印刷用表示

伝えたいことが相手にキッチリ伝わるかどうかは、
伝える側の想いや表現の仕方や、
相手の感情などによって変わるモノだと知っておくべきです。
全ての人に伝えようとは思わないこと。
極論ですが、たった一人にでも伝わればいいのです。

人に何かを伝えるのは、技術ではなく“心”だ・・という人がいます。
確かに、それは言えますが、もう少し踏み込んで言うと、
伝えるのも才能なんです。

人に伝える才能がある人は、
話が上手ではなくても、相手に響きます。

伝える才能が無い人は、たとえ話が上手でも、
相手に届かないことがあります。

また、相手との相性というものもあって、
伝えたいことがスムーズに伝わる相手と、そうではない相手がいるのです。

そして伝えるタイミング。
例えば天中殺に入っている時、相手には歪んで伝わります。
伝えたいと思えば思うほど、本意と違って伝わってしまうことが多い。

特にメールやLINE、SNSなど、文字で伝える内容は、
正しく伝わらないと思っていた方がいいかもしれません。

大切なのは、
文字でも声でも、どういう言葉を選ぶかです。
言葉の選び方次第で、伝わり方が変わります。