人は、家族・親族に学びを得ている

人は誰でも多くの社会集団に所属して生きています、
多様な人間関係を持つことで
役割が出来て生き甲斐も生まれます。
でも一生を通じて変らない最小集団は親子(家族)です。
世の中を生きてゆくのには一番大切な要素です。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

親族の中に、一人ぐらいは
変わり者といわれるオジさんオバさんがいたと思います。
世間とはだいぶズレているという人、
でも、大抵の人は、
そういう人を通して、世の中を見るのです。
子ども等はとくにそうです。

なぜその人が変わり者扱いされるのか?
本当にその人の言動は変わっているのか?
変わっているということは悪いことなのか?
自分は同調出来るのか? 出来ないのか?

その線引きを知らず知らず学んでいるのです。

親族だけじゃなくて、近所にも変わったオジさんはいます。
ひょっとすると自分の父母が変わっているかもしれない。

それが世の中というものだと気づくのは、
大人になってからです。