人間の成長に伝統は不可欠

image_print印刷用表示

人間の成長には伝統というものが不可欠です。

伝統や慣習や文化財を、改革と称して

それを排除するものには魂の成長はありません。

それはどの国でも同じことで、

伝統を蔑ろにする国には発展はないのです。

 

 

【文化財保護法公布記念日】

1949年1月26日の法隆寺金堂の火災により、

法隆寺金堂壁画が焼損したことをきっかけに、

文化財の保護についての総合的な法律が作られました。

それが文化財保護法で、1950年5月30日公布されました。

 

古い文化的なものも、不要として無くしてしまうことがあります。

高度経済成長期にはよくあることで、

日本だって、日本橋の上に首都高速道を作っちゃうぐらいですから。

 

そして、あとから、やるんじゃなかったと言う声が強くなる、

 

まだモノが残っているものはいいですが、

跡形も無く壊してしまったりすると、

それはもう取り返しのつかないことになります。

復元という手もありますが、やはり情緒はありませんね。

 

ただ悲しいことに、カタチあるものはいつかは壊れます。

だからカタチの無い伝統、

カタチの無い「心」だけは大事に残していきたいものです。