人間関係を作るのは自分との戦い

image_print印刷用表示

人間関係を構築し、人間関係の問題を打破することは、

あなたが人間として成長するための、

自分自身との戦いなんです。

ただし「戦い」と「争い」は違います。

この区別だけは、しっかりつけてください。

 

人には「戦いの本能(才能)」というものが宿命に組み込まれています。

この戦いの才能の意味するものは、

「人間関係を構築し、人間関係の問題を打破する」というものです。

 

この才能は、

「短気」「単純」「闘争心」という質が含まれているので

血の気が騒ぐとか、ケンカっぱやいというのは、

この質が強い人だと思ってもらっても結構です。

 

もう少し具体的にいうと、

「実行力」「反射神経」「正直」「決断力」

「潔さ」「プライド」「真面目」

こういう能力・チカラに直結しています。

 

世の中という現実社会で生きていくために最も必要な要素ですが、

この能力が多過ぎたり、曲がって発揮されると少々面倒です。

人に対して攻撃的になったり、

融通が効かないとか、落ち着かないとか、

深く考えず突っ走ってしまったりと、

他人に迷惑をかける状態になりやすいのです。

 

だからこそ、

誰もが持っている、この戦いの才能を磨いてほしいのです。

 

どういう風に磨くのか?

「人間関係を構築し、人間関係の問題を打破する」ことですよ!!

良い人間関係をドンドン作っていくということです。

決して、他人と争うことではありませんから、

「戦い」の意味を履き違えないように。

戦いは、人間として成長するために自分自身とするものです。