他人と自分の考え方は違う

image_print印刷用表示

 

「類は友を呼ぶ」

「同類合求める」

「似たもの夫婦」

ということわざがある通り、

似ている「気」の者同士は、呼び合うもの、

それが「気が合う」ということです。

 

言動も同じです、

プラス思考の人には、プラス思考の人が寄ってくる。

マイナス思考の人に、プラス思考の人は寄って来ない、

意地悪な人や愚痴っぽい人には、

それなりの人が寄ってくるということです。

 

まさに「類は友を呼ぶ」なのです。

家族だからといって気が合うとはかぎりません。

家族でも気質が違うのはめずらしくないからです。

親子でも兄弟姉妹でも夫婦でも、

本来、気質が違うし気も合わない、

それを前提に考えて、相手を思いやり、理解すると、

それが関係をスムーズにさせるのです。

 

他人と自分の考え方は違うんだと言うことを理解してください。

他人に理解されなくて当たり前。

その上で信頼関係を作るのが人生です。

家族でも同じで、親と自分、自分と子どもは

全く違う人間だということ。

自分の意見を押しつけてはダメ!