哲学の日&悪妻の日

image_print印刷用表示

心の支えを宗教や哲学に求める人は多い、

あるいはカリスマ経営者に求める人もいるでしょうが、

自分が納得出来る相手ならいいんです。

それを心の柱にして穏やかになるならそれで良い。

心の柱を持つことで自分が変わって行きます。

 

【哲学の日&悪妻の日】

紀元前399年の4月27日、

ギリシアの哲学者・ソクラテスが、時の権力者によって、

処刑されたことに起因したものが「哲学の日」です。

 

そして、ソクラテスの妻が悪妻として有名であることから、

ソクラテスの命日が「悪妻の日」とされました。

 

ソクラテスは

「良い妻を持てば幸せになれる。

悪い妻を持てば私のように哲学者になれる」

という言葉も残しているそうです。

 

良妻か悪妻かは別にして、

結婚によって運気が変動するのが、人間の面白いところです。

家庭的にも良妻であるのに、夫の運を下げたり、

悪妻であっても結果的に夫の運気を上げる人がいる。

 

これは男性でもおなじで、大抵の男性は妻の運気を動かしているのです。

夫婦というのは、社会的にも肉体的にも、

とても重要な関係だということです。