器の大きな人間になる

仕事一筋というのは職人としては一流になれても、

トップとしての器にはなれない。

真面目だけでは経営者は務まらない、

トップには遊びが必要です。

トップの遊びとは人間としての幅、余裕のことで、

仕事以外の自分の時間を持てる人がトップになる器なのです。

 

 

会社の社長って、遊んでいたとしても、

24時間、常に仕事のことを考えているものです。

 

遊びの中から、アイデアが浮かんで来たり、

遊びを仕事に活かすことの出来る人が

器の大きなトップの一つの条件といってもいいでしょう。

 

これはトップ(社長)ではない人でも同じことです。

器の大きな人間になることが成功への道でもあるのです。

 

 

そして、

人を巻き込むことが上手だということ。

スタッフはもちろん、協力会社などが、

喜んで手を貸してくれる、

そういう付き合い方ができることが、

器の大きさです。

 

つまりは人間関係の構築にも「器」は大事な要素なのです。

 

 

遊び上手、

アイデアの掴み上手、

他人を巻き込み上手、

 

これは仕事、家庭、恋愛、人間関係において

トップに限らず、全ての人に有ると有利な条件でしょう。