基本的に夢は叶う

image_print印刷用表示

人類は月に行くことを夢見た、

実現するともっと遠くへ行きたくなる。

夢は叶うと次の夢を見る必要があるんです。

夢というものは生きる目的を遂行する為の手段なのですから、

人生の途中経過であり、基本的に夢は叶う。

 

1969年の今日(日本時間では7月21日早朝)、

アポロ11号が月面の「静かの海」に着陸し、

人類が初めて月面に降り立ちました。

 

「この一歩は小さいが、人類にとっては大きな飛躍である」

 

アームストロング船長はメッセージを地球に送ったのです。

夢の第一歩というのは、

実は誰でもほんの小さな一歩から始まります。

それも子どもの頃であることがほとんど。

 

本人は気づいていなくても、

大人になって振り返った時、

種まきをした、芽が出たということを思い出すのです。

小さな頃に思い描いた夢は、

いつか形になって目の前にやってきます。