墓を守っていく気持ち

image_print印刷用表示

宿命の中に墓守の役目がある人がいます。

そういう人はたとえ家を継がなくても、

墓を守っていく気持ちが大切です。

でも本来は、兄弟姉妹がいれば、

みんなで役割負担をするのが良いのです。

たとえその割合が均等でなくても。

 

日本では、家督を継いだ者、あるいは長子が

墓を守るという慣習があります。

それ自体は悪いことではないのですが、

兄弟姉妹がいる場合、

家を継いだ者や長男・長女に全てを任せるのではなく、

同じぐらいの負担で、他の兄弟姉妹も

先祖供養/墓守に加わるべきなのです。

 

宿命的に見ると、家を継いだ者よりも、

家を出た者の方が墓を守らなければならない、

そういう宿命を持っている場合も多い。

 

ただし、墓を守るといっても、

墓がなくてはいけないということではありませんし、

立派な墓を作るということでもありません。

先祖のことを思い、子孫に伝えていくということなのです。

 

そして何より、兄弟姉妹が仲良く付き合い、

子どもや孫が世の中のために生きる、

それが最高の先祖供養になるのです。