子どもの頃に描く夢は、自分の才能を発揮しやすい夢

image_print印刷用表示

夢や理想を持てない人、

人生の目的・目標が立てられない人、

その目標設定が低い人には、

心のバランスが取れない人がいます。

あるいは人生の壁をクリアできなかったり

「空虚感」になることもあります。

だからこそ夢や目標は持ってほしい。

 

 

もし、今、あなたが夢を見失っていたら、

子どもの頃を思い出してみてください。

子どものときの夢には、

素直に自分の感じるままの思いが投影されます。

 

それは、言ってみれば、

自分の持って生まれた才能を敏感に察知して、

その延長線上で夢を見ているのです。

 

つまり、子どもの頃に描く夢は、

自分の才能を発揮しやすい夢であることが多い・・

それをベースにして、

大人になったあなたや、環境、得意なこと、

今までに経験したことを踏まえて、

夢を描くといいでしょう。