失敗は教訓です

image_print印刷用表示

例えば、夜遅くまで遊んだら、

丁度乗った電車がトラブルになり家に帰り着かなかった。

運が悪い?

いえいえ、運の善し悪しではないんです。

人生にはそういうこともあるという教訓です。

全てのことに意味が有り、

教訓だと思える自分がいるかどうかです。

 

「こんなに遅くまで遊ばなければよかった」

「こんなになるまで飲まなきゃよかった」

 

ああすればよかった、こうすればよかった

「たられば」は日常生活に何度となく感じられます。

 

失敗も同じです。

それを単なる後悔にせず、反省材料にして、

明日の自分に活かす、それがいいのです。

 

でも、そもそも「失敗」って、本当に失敗なのでしょうか?

失敗したことが正解だということもあります。

いえ、むしろ人生は、

失敗が正解だということの方が多いのではないかと。

 

ただし「失敗」した事実は、失敗の原因を探ったり、

次につなげる努力をしなければなりません、

「失敗は成功の母」というエジソンの言葉もあるように、

そう考えられる自分になれるかどうかがポイントです。