季節の風物詩が持つ気エネルギー

image_print印刷用表示

ケーキを食べたり、カードやプレゼントを送ったり、

そんなクリスマスの過ごし方も、

すでに「気」を動かす慣習になっています。

でもそれは自分を取り巻く親愛なる人への感謝に違いないし、

生きていることの幸せを味わうこと、

それで良いと思うんです。

 

和歌や俳句には「季語」というものがあります。

季節を表す言葉です。

運命学にも実は、この季語は重要な意味を持っています。

季節をイメージする言葉や風景は、運気を動かすからです。

 

基本的には自然の情景や、長い年月で続く慣習などの季節の風物詩ですが、

現代社会では、バレンタインとか、サマーバケーションとか、クリスマスとか、

最近ではハロウィンなどもすでに季節をイメージさせる行事として浸透しています。

 

季節の風物詩が持つ「気エネルギー」が、

私たちの運気や才能や健康を良くも悪くも動かすんです。

 

クリスマスでケーキを食べたり、チキンを食べたり、

イベント化したものであっても、そこにはエネルギーが存在しています。

「冬の気」として取入れたり、

「愛情」や「信頼」「感謝」の気として取入れているのです。