季節の風物詩/春の七草

image_print印刷用表示

お金を手に入れたいなら、

基本は親孝行とか、先祖供養とか、

祭りや伝統行事に参加するとか、

季節の行事をキッチリ行なうことです。

そういった心を養う民族教育が出来た人ほど、

結果的にお金、財が付いてくる。

 

お金を手に入れる方法は様々あります。

金儲けの上手な人もたくさんいます。

でも本当に良い財を手に入れるには

「心」が大切になってくるのです。

 

心が豊かで、広く、レベルの高い心を持つ人に

お金は付いてくるのです。

 

親孝行とか、先祖供養とか、季節の行事をキッチリ行なうとか、

そういうことで心は育つのです。

そして大きく育った心を持っていると、人から信頼をもらえて、

やがて自然とお金が入ってくるということになるのです。

 

さて、1月は行事や風物がたくさんありますね。

正月行事に初詣、

おせちに初夢、書き初め、鏡開き

獅子舞や羽子板、お年玉

福笑いに双六、かるた、百人一首

十日えびすに成人式・・

 

1年を通せば相当数の行事があり、

季節の風物詩があります。

これらに触れるのも、運気を安定させたり、

才能を発揮させるのに効果があるのです。

特にお子さんには、大切な要素です。

 

1月7日は「春の七草」、

芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、(はこべ)

仏座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)

この7種の野菜を刻んで入れたかゆ(七草がゆ)を食すると、

邪気を払い万病を除くといわれています。

 

現実的には、御節料理で疲れた胃を休め、

不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。

今夜は七草粥などいかがですか?