平凡は素敵なこと

image_print印刷用表示

平凡は不運ではない。いや、むしろ才能。

平凡は一番安定した場所にいるのです。

それより自分の本領が発揮されていないこと、

自分と環境が合わないことの方が不運です。

 

世間では「平凡」は、

あまり良くないという風に捉えられがちですが、

運命学的には、とても理想的なものなのです。

片寄っていないからこそ平凡であるのです。

 

世の中で成功していると言われている人や、

大きな失敗をしている人、

そういう人達は「気」のバランスが片寄っている、

バランスが悪くて人生に起伏が生まれ、

アップダウンが多くなります。

 

人生の波が穏やかな平凡の良さは、

平凡な人にはわからない、

そういう人は平凡であることが、

不運のように思ってしまうのです。

 

平凡でも、自分のやりたいことにチカラを注げて、

自分を活かしてくれる人が周りにいる、

実はそれが一番幸せなのです。

 

松下幸之助さんは、こう言っていたそうです。

「仕事には知恵も才能も大事。

しかし、より大事なのは平凡、

些細なことを疎かにしない心がけです。」

 

平凡は素敵なことなのです。