徳人タイプと才人タイプ

image_print印刷用表示

人には「徳人タイプ」と「才人タイプ」の違いがあります。

徳というのは自分の力が10程度しかなくても、

様々な人の力を借りて100の力に出来る「他力運」、

才というのは自分で100の力を出しえる「自力運」。

 

人間には「才」の強い人と、人間的に「徳」のある人がいます。

ただし「才」とか「徳」は、運気や過ごして来た月日とかに関係なく、

どのような育ち方をしたかが影響します。

 

たとえば、

家族は三世代同居、親族は多く、人の出入りも多い、

こういう家庭環境なら「徳」の才能が芽吹きます。

男性が多い家庭に育ち、友だちも多い、

学校以外の活動、スポーツや習い事もするという場合もそうです。

 

こういう環境の人は、その分、

人との関わりで大変な思いをすることも多くなり、

面倒だなという気持ちになるかもしれません。

でも、その面倒な人付き合いから、

徳に関わる多くのことを学べるのです。

 

たとえば、

核家族で兄弟姉妹も少なく、近所付き合いもそれほど積極的ではない、

自分の世界を作って一人でいるのが好き、

こういう環境の場合は「才」の才能が芽吹きやすい。

女性が多い家庭も、「才」に縁がある家庭のムードが出て来ます。

 

今の時代は、人との関わりが少なくなって来ているようですから、

自ずと徳人タイプは少なくなっているのかもしれません。