教養とモラルで差がつく

image_print印刷用表示

天は私たちに、若いときには体力を与え

パワーで人生を渡っていけるようにしています。

でも年を取ったら体力がなくなるので、

体力に代わる何かを身につける必要がある。

それは教養とモラルなのです。

ただし健康であることは必要条件。

 

 

勢いで結果を出して行く若い時代(30代ぐらいまで)でも、

人との差は、肉体的なものではなく、

実は教養とモラルで差がつくのです。

 

親子関係や目上関係、歴史認識に常識と慣習、

それが運命学的教養であり、

当たり前のことをすることがモラルなのです。

 

それが出来る若者を、周囲の年配者達は引き上げるのです。

もちろん、ネジ曲がった年配者もいますが、

ここで言う年配者とは、成功している心のレベルが高い年配者です。

自分のやりたいことをやって成功したいなら、

若い時代から教養とモラルを身につけることが早道です。

 

年をとってくると、体力では若い人に敵わなくなりますから、

余計に教養とモラルがモノを言うようになる。

それも、芯のシッカリした、ブレの無い教養とモラルが必要。

 

ただしそれは一朝一夕には完成しないので、

結局若い時代の生き方が大切だと言うことになります。