春分と彼岸と社日

どんな時でも場所でも、

日常的に先祖を思い浮かべ感謝が出来る人なら、

墓も仏壇も位牌も必要はない。

でもなかなか先祖に思いを馳せられない人は、

その機会というかキッカケとして墓に行ったり、

仏壇に手を合わせればいい。

 

今日は『二十四節気』の「春分」です。

ご存じのように、太陽の中心が春分点

(天球上の赤道を太陽が南から北へ横切る瞬間の交点)

に達し、地球上の昼と夜の長さがほぼ等しくなる時です。

そしてそれを前後に7日間を「お彼岸」としています。

 

「お彼岸」は昔の人が春分・秋分に気付いてから、

宗教の世界で用いられるようになりました。

真西に日が沈むこの日、西方に浄土があるという仏教の教えと、

春分・秋分は昼夜が等分で長短のない中道の時で、

仏道もまた中道を尊ぶところから、

この時に仏事を行なうという考え方が生まれたと言われています。

 

仏教では大きな川をはさんで向こう岸(彼岸)に仏の世界があり、

私たちはこちらの岸(此岸) にいる、

我々の住む世界(此岸)が迷いの世界であるのに対して

「彼岸」は理想の世界、汚れのない浄土の世界なのです。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、春の彼岸は夏支度を始めるという

昔の人の季節感と生活習慣だったのです。

そして彼岸は、この世に存在する全ての自然の神に感謝するということです。

 

あまり馴染みは無いかも知れませんが、仏教の「彼岸」に対して、

神道には「社日」というものがあります。

「社日」は春分点・秋分点の日に最も近い戊土の日と定められています。

仏教が悟りを求めて先祖をしのぶのに対し、

神道では、神と一番近づく日であるので、

土地の神や農業の神をまつる日としています。