昭和の日/平成と昭和の違い

image_print印刷用表示

昭和の時代と今の時代を比べてはいけない。

なぜなら、時代の運気が違うから。

時代というのは常に変化していて、

今は一人のカリスマより、連携したチームで戦う時代なのです。

 

shouwanohi-1

【昭和の日/国民の祝日】

1989(昭和64)年1月7日の昭和天皇崩御の後、

それまでの天皇誕生日だった4月29日を

「生物学者であり自然を愛した昭和天皇をしのぶ日」として

「緑の日」とすることとなりましたが、

2007年より4月29日を「昭和の日」とし、

みどりの日は5月4日に移動となりました。

 

昭和はその大半が「陽」の時代なので、

出来事も大きくて華やかなモノが多い。

文化も大きく花開いた時代。

それと対になるように、

平成は昭和のしわ寄せも多い。

 

昭和と平成、両方を知っている人は、

「昭和は明るかった」と思う人が多いはず。

陽の昭和、陰の平成

それは時代の流れとして、しかたがないこと。

ただし、次の元号になっても、陰の時代は続くことになる。