時代は違っても生き方には変わりがない

image_print印刷用表示

人は、去年の春と今年の春と、

時代は違っても同じようなことをしているのです。

そういうものが人間の良さであるし、

また人間の悲しさ小ささでもあります。

三千年前と今、科学の進歩の差はありますが

人間の生き方には変わりがないということです。

 

何が言いたいかというと、

背伸びをしないで生きなさいということです。

背伸びをしてもさほど変わらない。

ファッションは繰り返される、

数十年前に流行ったものが、ふたたび流行する、

戦争もそうです。争いは無くならない。

 

時代も、実は周期的にまわっているところがあります。

ただし、まったく同じことが繰り返されることは無い。

似たようなものだけれど、ちょっと違っている、

ぐるぐる廻っているけれど、

螺旋状に登っているので、同じ階にはいないのです。

 

伝統なども、数百年、数千年続いているものがあります。

でも、微妙に変化している。

人間の営みも同じ、

生活水準が上がり、

科学が進歩して、便利になって行くけれども、

基本的なことは変わらない。

 

家族を作り、子孫をのこしていく、

生きる為に食べ物を求め、そのために働く、

コミュニティの中で他者と交わり、

日々コツコツと暮らして行く。

違うところは、多くの人が「夢」を見られるようになったこと、

魂のレベルが高い人が増えているということ。