民族教育はこれからの日本に絶対必要

image_print印刷用表示

民族教育はこれからの日本に絶対必要で、

これが欠けると国の発展は無い。

ただし民族教育とは、ゆとりをもって生きてゆくことなので、

今の時代、ことば通りの「ゆとり」では

国家教育の落ちこぼれになってしまう。

心のゆとりを持てる教育と社会が必要。

 

 

1947(昭和22)年3月31日、

「教育基本法」と「学校教育法」が公布されました。

翌日から施行され、学校教育の6・3・3・4制が発足。

今の教育の基本になっています。

 

国は、以前、「ゆとり教育」というものを推奨しましたが、

本来の「ゆとりの教育」とは民族教育、

つまり、心の教育のはずです。

そうではなかったので、上手くいかなかったのです。

 

国家教育の中での「ゆとり教育」は、

そう簡単には上手くいかないということです。

国家教育を強めると、平均した人間しか作れません。