気エネルギーはアッと言う間に相手に伝わる

image_print印刷用表示

気エネルギーというのは目に見えないパワーであり、

目に見えない精神のエネルギーと考えればいいでしょう。

この「気」というのはアッと言う間に相手に伝わります。

これは「やる気」も「やらない気」も入りますから覚悟してください。

 

気エネルギーは飛ぶ、

それは想念と捉えても構いません。

この「気」というのは歩かない。飛ぶか走るかです。

 

たとえば遠く離れた家族を想う気持ちや、心配する気持ち、

これらは、空間を越えて伝わるのです。

昔の人はその気持ちを短歌にして、

相手に届くように祈念していました。

 

「言霊(ことだま)」というものがそれですね、

言葉にエネルギーがあるという。

それは人間の気が言葉に込められるということです。

 

もちろん、直接相対して言葉を交わすことが

一番、気を受け合うのですが、

「遠くはなれても気持ちは一つ」というのは、

運命学的には正しいのです。