物事は大局を見よ

image_print印刷用表示

人は、今の現実とすぐそこの未来だけを見ようとする。

悩んだり困った時ほど、大局を見ることが重要です。

人生や未来は、同じ悩みがずっと続くことはない。

 

【世界宇宙飛行の日】

1961年4月12日、世界初の有人宇宙衛星船

ソ連のボストーク1号が打ち上げに成功。

搭乗したガガーリン少佐は、宇宙から地球を見た時の感想を

「地球は青かった」と表現し、流行語になりました。

 

それから20年、1981年4月12日、

スペースシャトル第1号のコロンビア号が発射されました。

宇宙から見るとやっぱり地球は小さな星なんでしょうかねぇ。

earth

算命学は“大局”を見る技法と言われています。

「物事は大局を見て判断しないと見誤る」

「その場の現象だけを見てはいけない」

ある意味、宇宙規模でモノごとを捉えなさいということなんでしょう。

 

それを例える話でこんなことがあります。

「私にとってのいい方角はどこですか?」という相談の人に

「東です」と答えるとします。

どん欲な人は、どんどん東へ向かって行きます。

するとやがて、自分の家に戻って来てしまいました。

そうです。「だって地球は丸いんだもん!!」 

最初は東にいたはずなのに、

ある時点で西になってしまった・・

 

状況を冷静に判断することが大切で、

大局で見ると良くわかる・・ということなんです。

方角だけじゃなくて、全てにおいてそうです。

 

どんなことも宇宙(大局)から見ると大したこと無いかもしれません。