現代社会では道徳教育が難しい

image_print印刷用表示

道徳は民族、宗教、精神の教えですから、

道徳を現代の学校の中で教えられるわけがないのです。

学校で教えるものは常識であり、

今の学校が教えている道徳は本当の道徳ではない。

子どもに道徳を教えるのは家庭なのです。

 

近年、あまりにも感情のままで生きている人が多い。

正論をいう人に「うざい」とか、

マジメな人を排除したりいじめたり、

ちょっとしたことにクレームを付けたり攻撃したり、

自分の子どもにさえ感情的に怒りをぶつけるなど、

魂のレベル的に低い人が多いのです。

 

なので、現代社会では道徳教育が難しい。

それは、道徳的な生き方・考え方を

身をもって体現している人が少数派なので、

そういう人ほど排除されやすいから。

 

親を含めた大人が心の勉強をしなおさないといけません。