現実の「壁」から逃げてはいけない

image_print印刷用表示

自分に厳しい現実があっても、

決してそこから逃げ出してしまってはいけません。

持って生まれた、あるいは与えられている環境の中で

少しずつ自分のチカラを発揮できるように

作りかえて行くのです。

それが現実の壁を突破する方法です。

 

生きていれば、厳しい現実に直面することは多々あります。

その都度、乗り越えて行くしかありませんが、

その乗り越えて行く過程に、成長があるわけです。

 

特に十代の時は、人間としては未熟なので、

現実の壁が低くても辛さを感じてしまいがちですが、

そのかわり、パワーを与えられているので、

乗り越えて行けるのです。

 

大人になれば、当然壁は高くなり、

パワーも衰えて来ますが、

そのかわり、知恵や経験を駆使して

乗り越えられるのです。

 

結局、人は、

若くても年老いていても、

壁が低くても高くても、

乗り越えて行けるということなのです。

 

だから、何ごとも逃げてはいけない。