生きている間はどのように生きても自由です

image_print印刷用表示

人は生まれるときと死ぬときは

天によって決められています。

自分で決めてはいけないのです。

でも生と死の間、生きている間は

どのように生きても自由です。

それぞれに相応しい生き方があるのです。

 

 

 

自由に生きていいと言っても、
理想の生き方というものがあります。

その人は何のために生まれて来たか、
人間としての役目は何なのか?
それを知ると生き方は変わるはずです。

でも、普通に生きていて「生きる目的・役目」なんて
わかるわけありません。
それを知れる唯一の方法が算命学なのです。

そしてもうひとつ、生きている間にやらなければならないことがあります。
それは、自分に持たされている様々な才能(本能エネルギー)を使うこと。
エネルギーを消費しないと、この世を去る時、苦労するようです。
この才能も、自分で判断するのは難しいので、
算命学を使って知ることが近道です。