生き物は絶滅すると戻れない?

image_print印刷用表示

生き物は絶滅するとその魂は還る体がなくなり、

宇宙をさまようことになります。二度と戻れない。

しかし現代、何万年も前の種から花を咲かせたり、

遺伝子操作で絶滅した生物を蘇らせたり。

それも神からすれば許容範囲なのかもしれない。

 

10月4日は世界動物の日。

1931年にイタリアのフィレンツェで開かれた

環境保護家の会議で提唱されたもので、

これは様々な危険にさらされている動物たちに目を向けるため。

 

時代が過ぎて行くと、絶滅する種も多くなります。

人間が生きるだいぶ前から動物は地球に存在するので、

空想といわれている動物も、

実際は存在していたのかもしれない。

 

絶滅するにはそれなりの理由があります。

私たち人間も、絶滅しないように、

精進しなけばなりませんね。