白黒つけないことは

image_print印刷用表示

白黒をつけない、

実はこれが大人の処世術であり、国際感覚なのです。

決して今あるものを否定しない、変化は少しずつ動かしていく、

そうすれば誰も傷付かず自然の変化が生まれるのです。

それには視野を広くして、風流心を養うことです。

 

 

白か黒か、ハッキリさせるのは

人間関係では角を立てます。

よく外国人が「日本人はハッキリしない」といいますが、

それが社会生活を円滑にしているところがあり、

日本人の良さでもあります。

 

外国では白黒ハッキリつけ過ぎるから争いになるのです。

肌の色、性別、神様、等々

 

ただし、白黒つけないことが

優柔不断とか、ごまかすとか、

中途半端ということではありません。

誤解のないように。

 

 

白黒つけないということは、

バランスを取るということなのです。

丁度いい加減、いい按排にまとめる技術なのです。