科学と自然と心

image_print印刷用表示

様々な分野で、科学・技術が進歩するなか、

人間の「心」だけが置き去りになって、

心の成長のスピードが遅くなっています。

この科学の進歩と人間の心の成長のスピードとの隔たりを、

自然災害という形で「宇宙/自然」が警告しているのです。

 

今日は「防災とボランティアの日」

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに、

ボランティア活動への認識を深め、

災害への備えの充実強化を図る目的で制定されました。

 

2011年の東日本大震災を経て、防災意識は深まり、

ボランティア意識も一般的になりつつあります。

 

でも、いきなり被災地に行って、ボランティア活動をするのは、

なかなか出来ないというあなた。

日常で出来るボランティア精神を養う方法を教えます。

家の周りの道を掃除するとか、

近所のお年寄りを大切にするとか。

 

それも出来なければ、

誰かを好きになる、誰かを応援することでもいいんです。

もちろん、それは見返りの無い無償の愛なので、

自分の気持ちを押し付けてはいけません。

 

たとえば、好きなタレントやスポーツ選手のファンになって、

その人の活動を応援するということでもいいでしょう。

あるいは、自然環境を守る活動、

エコロジーにつながることをしてみてください。

 

自分のチョットした行為が、

地球の役に立っているということが大切なんです。

重要なのは

他人の喜びを自分の喜びに出来るかどうか、

自分を犠牲にして他人の助けになることができるかどうか。

 

奉仕の心・ボランティア精神とは

“人間愛”“自然愛”なんです、基本は・・