親子関係は宿命と環境で作られる

image_print印刷用表示

親と子は一緒に暮らしていても、本質は違います。

しかしやがて子は親とよく似た大人になって行く。

そこに親と子の因縁ともいうべき、

形にならない結び付きが存在するのですが、

それを受け入れて暮らすことが大切です。

 

「鳶が鷹を生む」とか

「カエルの子はカエル」とか、

親子の関係を表すことばは数々ありますが、

運命学的に言うと、

親子関係を形付けるのは、「宿命」と「環境」です。

 

親と子であっても、宿命の質は違います。

そこに何かしらの共通性はあったとしても

それぞれ全く違う人格なので、

「鳶が鷹を生む」ということが起こります。

 

宿命の質は違っても、

親の育て方や、親の考え方、

親の好みなど、家庭環境が子どもを作るので、

結局「カエルの子はカエル」であることも多い。

 

子どもが親に似てしまうポイントはココなんですね。

人が成長するのには、

環境の影響が大きいということです。