7対3、これが運命のバランス

image_print印刷用表示

人間っていうのは好きな人とばかり付き合ってもダメなんです。

好きな人と付き合っていれば運気が上がるかというと、そういうわけでもない。

10人のうちに3人ぐらいは嫌いな人と付き合いなさい、

7対3、これが運命のバランスの良い割合です。

 

食べ物も同じです。

好きなモノばかり食べていては健康を害しますよということです。

好きなモノ7割、嫌いなもの3割

 

仕事もそう、

好きなことばかりやれる方が幸せですが、

運命とは、そういうことではいけないということです。

 

なぜなら、

嫌いな人、嫌いなモノ、嫌いなこと、の中にこそ、

自分にとっての大切な要素が含まれているからです。

嫌だと思っている食べ物の栄養素が、

実は不足しているということが往々にしてあります。

 

仕事でも、嫌いなこともやれないと、対応力が付かないんですね。

また好きなことばかりでも刺激がなくなってしまう。

 

人間関係もそうです。

嫌いな人の中にも、自分には無い良い点が隠れている、

嫌だと思っているものを、自分も同じように持っていたりする。

それを気付かせてくれるのが、嫌いな人なんです。

また、嫌いな人の中に、

実は自分の運気を上げてくれる人がいる。

 

それを考えると、

好きなモノは30%抑えて、嫌いなモノを30%増やす、

それで丁度いいんです。