お悩みメール相談(旧メール鑑定)の料金を変更しました。(詳細)

人はなぜ病気になるのか?

人は誰でも病気になったり怪我をしたりするものです。風邪のような軽いものから、命に関わる大病・大怪我まで、状態は様々ですが、その原因はと言うと単に運が悪いということではありません。

人にはそれぞれ生まれ持った体質というものがあります。その質の中に病気として変化しやすい因子があって、あるきっかけで表に出てくることが病気なのです。人によっては生まれながら持たされている病気の素があったり、ある年齢になったら出てくるものもあり、肉体的な病気もあれば精神的な病気もあります。

それは、専門的な話になってしまいますが、「気」の流れの問題なのです。「気」の流れが悪くなれば、病気になりやすいということです。生まれ持った宿命に「気」の流れを悪くする条件が備わっているか、宿命を構成する「気」のバランスが悪いか、後天的に「気」の流れを悪くする条件が巡ってくるか、大体においてそのいづれかが原因であるのです。

近年テレビや雑誌で健康に関しての題材が取り上げられて視聴者や読者も医学的に詳しくなっているようですが、遺伝子レベルでも要因があるように、運命学的にもその原因となるものが存在するのです。病は気からと申しますが、人間が気のバランスを崩した結果、病が発生するわけです。

病気にかかった場合、なぜ、このタイミングなのか?

そう考える人は少ないと思います。その人の運気によって発症する場合が多いんですが、なぜ、そのタイミングなのか、意味が含まれている場合がほとんどです。
ある種の「天からの啓示」なんですよね。

当然、健康に注意しろよという警告でもあるんですが、それ以外の、実は、考え方や生き方への警告、注意喚起だったりするんです。それを汲み取れるかどうか・・・私たちは試されているようなものです・・・

定期的な健康診断ではなく、なんとなく心配になって受ける検査・検診・・・これは間違いなく、何かを気づかせようとしていることだと思います。

運命学には、気のバランスの崩し方によって起る、様々な病気の種類を読み取る技術も存在します。あなたの体質の特徴とはどういうものか?ぜひ知っておいてください。

 

健康についてのメール鑑定のご依頼・お申し込みも受付けております。