食事(食材)の無駄をなくす

味覚・食欲の秋といいますが、 運命の善し悪しを食が左右します。 粗食の者は幸運を掴みやすい。 美食や食事時間の不規則は運気を落としやすい。 もちろん大食は大敵。   「無駄」「贅沢」 これらは運命学的にも良くあ …

あなたの生きる道

誰にでも、その人自身の道というものがあります。 あなたの生きる道。 そんな道を一人で歩いて行くか、 誰かと一緒に歩いて行くか、 並んで行くか、先頭を歩くか後方を歩くか。 誰かが作った道を行くか、自分で開拓するか、 それは …

ボランティア精神を養う

福祉活動だけではなく、他の方法で ボランティア精神を養うことはできます。   例えば、誰かを好きになる、 誰かを応援することでもいいんです。 もちろん、それは見返りの無い無償の愛が前提なので、 自分の気持ちを押 …

幸運と不運の差はそんなに無い

不運を30年ぐらい続ければ、 後はそれ以上の不運は続かない、 これは一つの人間のサイクルみたいなもので、 必ず夜の次には昼が来るみたいに、 人間の運勢にも悪い時の次には良い時が来る、 そういう循環があるのです。 &nbs …

お返しの人生

幸運でも名誉でも、何かを得たいなら、 何事もまず自分の周りに対してお返しをしながら生きてください。 尚かつ周りが幸せになってもらう事です、 そうすると「気の循環」が起こり、 寒暖の差が少ない人生になるのです。 &nbsp …

教養とモラルで差がつく

天は私たちに、若いときには体力を与え パワーで人生を渡っていけるようにしています。 でも年を取ったら体力がなくなるので、 体力に代わる何かを身につける必要がある。 それは教養とモラルなのです。 ただし健康であることは必要 …

平凡は素敵なこと

平凡は不運ではない。いや、むしろ才能。 平凡は一番安定した場所にいるのです。 それより自分の本領が発揮されていないこと、 自分と環境が合わないことの方が不運です。   世間では「平凡」は、 あまり良くないという …

人生における師を持て

あなたには人生における師匠と呼べる人がいますか? 習い事でも、勉強でも、仕事でも、 目標となる師に出会えることは幸せなことです。 特に心の師を持つことは、 人生に灯りを灯すのと同じです。 ただし誰を師と仰ぐかが、人生を左 …

白黒つけないことは

白黒をつけない、 実はこれが大人の処世術であり、国際感覚なのです。 決して今あるものを否定しない、変化は少しずつ動かしていく、 そうすれば誰も傷付かず自然の変化が生まれるのです。 それには視野を広くして、風流心を養うこと …

自分の本質を知ること

自分の本質と運気の流れというものを知ることは、 時代の波に翻弄されないチカラを身につけることになり、 世の中がどんなに変わろうと自分のペースを崩さずに、 力強よく生きていけるはずです。     自分の …