大人の幼稚さ

image_print印刷用表示

大人の幼稚さは、人をいじめたり、我慢がたりなかったり、

人を信じないとか、正直ではないとか、学ぼうとしないこと。

つまり本来持てる人間としての徳を使えていないということで、

そういう大人は人間として幼稚な人なのである。

 

 

人をいじめるとどうなるか?

我慢が足りないとどうなるか?

人を信じないとどうなるか?

正直でないとどうなるか?

学ぼうとしないとどうなるか?

 

その答えを正しく教えてくれる人は少ないでしょう。

それぞれに共通する答えは、

本来運気が上がる時に上がらない、

運気が下がる時ではないのに下がってしまう。

それが答えのひとつです。