親の世話になっていながら親に文句を言っている子

image_print印刷用表示

親の世話になっていながら親の言う事を聞かず

文句を言っている子がいます。

これは矛盾が生じますからそれが続く限り運勢が開けない。

親の世話を受けないか、文句を言わず言うことを聞くか、

その矛盾を取り除いた時に運勢というのは広がっていきます。

 

とはいっても、

それを子どもが理解するのはなかなか難しい。

ある程度は親の手腕にかかっている。

 

子どもの反抗や、不良化、引きこもりなど、

特に宿命的に親と疎通が悪い子は、

原因は親にあることが多いので、

親が考え方を変えないかぎり、解決が難しいケースもあります。

 

人生にはたしかに矛盾が多い、

でも大抵は自分で矛盾を作ってしまっている、

矛盾を作らず、自然のまま、

流れに沿って生きていけば、

人は悪いようにはならないものです。

それを子どもに教えるのも大人の役目、

それを実践するのも大人の役目です。