相手の幸せが自分の幸せ

image_print印刷用表示

子どもが大人になる過程では、

多少意見の違いでケンカをするくらいでちょうど良いのですが、

相手を思いやる気持ちが同時に必要なんです。

相手を倒しての自分の幸せはあり得ない。

 

国際紛争も、子どものいじめも、基本的には同じ。

相手を思いやる気持ちが足りない、

相手を認めるという意識が足りない、

相手の幸せが自分の幸せであり、

相手の不幸は自分の不幸でもある、

という魂のルールを知らないから起ること。

 

相手を倒して得た幸せは、次の魂には受け継がれない。

 

11月4日は「ユネスコ憲章記念日」

ユネスコは、諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じて、

国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関。

昭和21年(1946年)11月4日発足し、ユネスコ憲章が発効。

日本は1951(昭和26)年7月2日に加盟。