幅広い知識は人間性を作る

image_print印刷用表示

子どものときであれ、大人になってから、

また、年をとってからでもいいのですが、

たくさんの知識を吸収し、

人間愛などの形にならないもの、心の世界を知って欲しい。

心の強さを身につけたときに運命というものは伸びて行きます。

 

知識があるということは、

得になることはあっても、損になることはありません。

人間性のレベルを上げるには、知識は必要なのです。

 

知識は、教養になり、教養は幅広い知識から育つ。

ピンポイントの知識は専門性を作りますが、

幅広い知識は、人間性を作るのです。

 

そして、人は吸収するものが多ければ多いほど、

心が強くなっていきます。

愛とか、友情とか、

他人や動物、モノに対する慈愛とか、

お金に対するありがたみとか、

そういう感じるもの全てを、どんどん吸収するんです。

そのためには、多くの経験が必要ですし、

多くの知識を得る努力(学び)が不可欠です。

 

子どもの時は、子どもだから出来る経験と、そのレベルにあった知識、

大人になったら、大人でなければ得られない知識と経験、

年を老いてからでも、年を老いたからこそ出来る経験があります。

 

いつの時代でも、知識を得ることは、教養を高めることであり、

人間性を向上させることになるのです。