過去を無駄にしない

image_print印刷用表示

あなたが今の仕事に迷っていても、

過去の仕事を無駄だったと思っていても、 

選んだ仕事には意味があるということを、

何年かたって気づくはずです。

その仕事を偶然選んだのではないということに。

 

「これが天職だ!!」

と思える仕事に出会った時、

きっと、それまでやってきたこと、やってきた仕事が、

その天職を全うするための準備だったということに、

気付くと思います。

 

どんなに辛く厳しい仕事であっても、

どんなに人間関係に悩んだ仕事だったとしても、

お金にならず、苦しんだ仕事だったとしても、

その経験が、全て無駄になるものではなく、

かならず何らかの役になっている、

土台になっているはずなのです。

 

もし今、天職だと思える仕事に出会っていなかったなら、

子どもの頃、描いた夢を思い出してみてください。

その中に、あなたの才能を一番発揮出来る世界が

隠れているはず。

 

子どもの頃は、純粋に、自分の感性・才能を察知し、

自分に合った仕事に通じることを夢見るものなのです。

あとはその思い描いたことを、どう今の自分に当てはめるか、

そこから何に気づき、何を目標とするかです。