幸運を授けられるのは

終生悲運であった人でも本物なら、 いつか時代が救い上げるのであり、 子孫がしっかり供養してくれます。 本人が物質的な恵みはなかったとしても、 その家族や家系が恵まれるという形で 幸運というものを天から授けられるのです。 …

先祖供養がなぜ大切なのか? -2-

先祖供養がなぜ大切なのか? もう一つは、私たちの沢山の先祖の中には 大なり小なり苦しんで亡くなっていった先祖がいるはずです。 その魂を癒してあげる、それも現世で生かされている私たちの 務めといってもいいかもしれません。 …

現代社会では道徳教育が難しい

道徳は民族、宗教、精神の教えですから、 道徳を現代の学校の中で教えられるわけがないのです。 学校で教えるものは常識であり、 今の学校が教えている道徳は本当の道徳ではない。 子どもに道徳を教えるのは家庭なのです。 &nbs …

春の彼岸

春の彼岸は、これから夏へ向かうという意味で、 先祖供養なら紫や白や青といった涼しい花を供えてください。 食べ物も、簡素で夏の暑いときでも食べやすいものを添えます。 そういう心遣いを先祖にも行なってほしいということです。 …